スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

第2回東スポ杯#000
〜第2回東スポ杯〜



ルール
展望
参加軍団紹介1
参加軍団紹介2
参加軍団紹介3
参加軍団紹介4
参加軍団紹介5
第1戦 東方競馬郷 vs ジェネシス
第2戦 ガイア* vs ugly duckling
第3戦 乾いた花の匂い、vs 東方競馬郷
第4戦 ジェネシス vs ugly duckling
第5戦 ugly duckling vs 乾いた花の匂い
第6戦 ガイア* vs 東方競馬郷
第7戦 乾いた花の匂い、vs ジェネシス
第8戦 ugly duckling vs 東方競馬郷
第9戦 ガイア* vs 乾いた花の匂い、
第10戦 ジェネシス vs ガイア*
カウントダウン 第5位
カウントダウン 第3位
カウントダウン 第3位
カウントダウン 第2位
カウントダウン 第1位
| 00:00 | - | - |
| - | pookmark |

第2回東スポ杯#001
第2回東スポ杯へようこそ!!(名前に特に意味はありません。前回に引き続き惰性で…。)短い募集期間と地味すぎる募集案内で開催可能な数が集まるかちょっと不安でしたが総当たり戦をするのにちょうどよい頃合いの五軍団が参加くださいました。各軍団実績十分、いずれ劣らぬ強豪揃いでどんな戦いが繰り広げられるのか楽しみです。

さて、ルールを簡単に確認しておきます。

・基本ルールは競馬王準拠のオーソドックスな軍団戦です。
・事前に各軍団が指定した通りの枠順になります。
・1対戦2戦ずつ総当たり戦を行います。
・最も勝率の高い軍団が優勝です。

それではスタートです。
まずは、開催展望から。


| 00:06 | - | - |
| - | pookmark |

第2回東スポ杯#002
展望

 ひっそりと集結した五軍団ですが、実はそのうち三軍団はハイレベルだった某大規模軍団戦で決勝トーナメントに残った実績を持つ実力派。単に高能力馬を揃えているにとどまらず各軍団それぞれの思惑をもった布陣のにおいがします。既に定まった戦術で挑む軍団あり、今回の為に新たな戦術を試す軍団あり、「全敗しないように」という控えめコメントながら十分勝ち負けできる戦力を揃えてきた軍団ありと興味の尽きないところです。
 配合面に目を向けると、各軍団ともに定番配合を中心とした布陣です。父Highest Honor 母父Sadler's Wellsの配合が3頭、父Cozzene 母父Sadler's Wellsの馬は実に4頭と、如何に戦術面が重要な軍団戦とは言えレベルが上がりきった今となってはこれらの配合馬を入れないわけにはいかないというところなのでしょうか。その他でもGreen Desertやネーハイシーザーといったいわゆる高ニトロ種牡馬が目白押しです。また、全軍団ともにエースは自家製種牡馬産駒となっています。
 今回新要素として枠順指定制度を導入しました。エースを最内枠にいれて勝率を少しでも上げようという戦術以外にもいろいろ使い道があるかと思われましたが全5軍団中4軍団はオーソドックスにエースを最内枠に指定しているようです。唯一最内枠にエース以外を持ってきた軍団の思惑も気になるところです。
 各軍団タイプは違うものの実力は拮抗していてどの軍団が優勝候補というようなことは言えません。それぞれが思い描く戦術をしっかり出し切れた軍団が優勝に近づくのではないでしょうか。

次に、各軍団を個別に紹介していきます。
| 12:00 | - | - |
| - | pookmark |

第2回東スポ杯#003
参加軍団紹介1

東方競馬郷

 突出した能力馬がいるわけではないものの、どの馬も得点力がありそうできれいにまとまっている軍団のようです。配合面をみてみるといずれも実績Aの高ニトロ種牡馬産駒と目新しさはないものの基本をおさえた感じの編成になっています。なかでも今回唯一のCaerleon産駒プレミアの活躍が期待されます。他軍団のエースに強烈な馬がそろっているので目立ちませんがこちらのシャドームーンもバランスのよいなかなかの馬でその末脚には期待がもてそうです。
 基本的にはシャドームーンとプレミアで得点を稼ぎ、さらに早めに抜け出して粘りんだゴーストレイトか追い込んできたパペットランドのいずれかでも掲示板をうかがえればベストという感じでしょうか。
 
 
 
脚質  馬名   騎手    父      母父
-------------------------------------------------
追 シャドームーンA 平沢  unknown   ニホンピロウィナー
差 プレミア   柴田善 Caerleon   ニホンピロウィナー
差 ゴーストレイト  中館  Cozzene  Sadler's Wells
追 パペットランド 鈴木慶 GreenDesert ニホンピロウィナー
 
 
 
| 00:00 | - | - |
| - | pookmark |

第2回東スポ杯#004
参加軍団紹介2

ジェネシス

 配合を一瞥してわかるように、かなりスピード寄り編成となっています。それに合わせるように母父タマモクロスでそれなりのスタミナはありそうなビクトリーザブニャ以外の3頭はすべて追込脚質。追込3頭は最近では珍しいほうの部類かもしれませんがこれはスピード馬集団ならではかもしれません。勝利への鍵を握るのはやはりエースエクスプロージョンですが本質的にはマイラーであるこの馬に2400mの距離をどう持たせるかがポイントとなりそうです。多くのレースで1番人気になることが予想されますので追込特有の後方で脚を余して負ける事態は避けられそうですが、逆に元々のスタミナ不安を助長しゴール直前でバテてしまう危険もはらんでいそうです。
 エクスプロージョンが1番人気の早仕掛けからの必勝パターンに持ち込みギリギリスタミナが持ってそのままゴール、他3頭のいずれかが掲示板で勝利というのがこの布陣の典型的な勝利パターンでしょうか。
 
 
 
脚質  馬名   騎手    父      母父
-------------------------------------------------
追 エクスプロージョンA 北村浩 unknown  シンボリルドルフ
追 クロノグラフ   塚田   ヤマニンゼファー  unknown
追 スパイシーザブニャ 石橋修 コロナドズクエスト  ニホンピロウィナー
先 ビクトリーザブニャ 安藤勝  GreenDesert タマモクロス
 
 
 
| 00:03 | - | - |
| - | pookmark |




qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Profile
New Entries
Archives
Category
Recommend
Link