スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

第4回東スポ杯#044

あとがき

 一ヶ月に及ぶスロー開催に最後までお付き合いいただきありがとうございました。今後も異父8もしくは異父4軍団戦を行う際は、一戦ごとの勝ち点制を維持していきたいと思っています。というのは得点の総和でやっていくとどうしても戦力自体がモノをいい、戦術の意味合いが薄まってしまいがちです。もちろん、戦力の底上げは基本中の基本ですのでそれだけで勝ちに直結するほうがよいというのも一つの考え方だとは思います。しかしながら、世の中には1週間に50時間以上も生産してしまう人もいれば、(かつてはそれくらいやっていたこともあるけれど)今は寝る前の数十分だけしかできないという人もいるはずで、こういう差は非常に埋めにくい。というわけで、膨大な時間は割けなくとも頭を使って考えることで戦力差を埋める術があるルールのほうがよいかなと思うのです。もちろん絶対的な戦力をもっていて戦術も駆使すればその軍団が強いはずなので、弱いほうが勝つなんておかしいじゃん?みたいにはならないはずです。そもそも戦術を駆使できるということ自体がダビスタPの特質だと思いますのでそれを生かしたい。騎手毎に特徴があり、全ての脚質に使い道があり、SPST万能な馬は生まれない配合理論があり、それら全てによって可能になった秀逸なレースバランス。それに競馬王ルールの絶妙なポイント配分や4頭対4頭というある意味では非常に限定されたルールが加わって様々な戦術を立てる余地が生まれるわけです。最強馬向けに念入りのバランス調整を行った結果か単なる偶然かはわかりませんがせっかくこんなによい環境があるわけでそれを生かさない手はないと思うのです。そして戦術はある意味では戦力を整える為の生産技術以上に経験がモノをいう分野です。生産技術は既に出尽くしている感もありそれらの詳細情報もたいてい調べれば出てきますが、戦術面はそうでもなく未だ進化し続けていますから経験の蓄積とそこに立脚した実践にかかっています。これは一朝一夕に会得できるモノではなく生産技術のように調べれば分かるという性質のものでもありません。戦力+戦術。これで競っていきましょう。その代わりというわけではありませんが、異父8異父4といった異父制限以外の制限は設けません。自家種禁止やマイナー配合優遇といったことは極力しないつもりです。むしろ制限を加えないことで自家種には自家種の、マイナーにはマイナーのそれぞれの役割が出てくると思います。
 ところで、異父8頭という条件は一般的に厳しいんでしょうか?出たかったけど駒が揃わなくて出られなかったという方々がいたらどうしようかとちょっと気になりました。8頭も揃わないよって方も、強力自家種産駒オーナーとマイナー既存種産駒オーナーで協力したりして是非ご参加ください。多人数で一軍団というのは軍団戦のひとつの醍醐味です。また、一人出しにも利点はあります。複数人数で軍団を組むと戦力自体は底上げし易いのですが細かい調整がしにくい傾向があると思われます。軍団戦ならではの脚質を使いたい場合でも全脚質のパスが揃っていること自体が希でしょうし、騎手を何人も変えて調整してみたり、能力事自体を調整したりといったことも複数人数軍団はしにくいはずです。(もっとも全員が牧場データ自体を預けて「監督」が全てを仕切るということも可能かもしれません。そこまでやってる軍団は主流派でしょうか?それは分かりません。)そんなわけで一人出し軍団にもメリットはあるので一人出しに拘りたいけど戦力が揃わないという方の参加もお待ちしております。一見数合わせ要因にしか見えない馬達でも軍団として勝利すれば、それは間違いなくその馬達全員の力による勝利でこれは何人の軍団でも同じです。戦力が揃わなかったとしてもその戦力をどう生かせば少しでも勝てるかを考える楽しみもありますし、それが実際うまくはまったらおもしろい。また純戦術的な意味でも、エース得点2倍制の元で4頭全てが勝ち負けレベルという軍団はエース1着率を自ら下げてしまう側面があるわけで、全ての馬が同じように強ければ勝てるという単純な話でもありません。それぞれ軍団の力量によって、2位で悔し涙の軍団もあれば、ブービーでよくやったと大喜びな軍団もある。それでよいのだと思います。そもそも別に勝ちに拘らない参加の仕方もありだとと思っています。思い出作りwさんが毎回参加してくださっているのは非常に嬉しい限りです。(勝つ気満々だったらごめんさい。)強豪馬軍団もそうでない軍団も、多人数軍団も個人軍団も、能力勝負な軍団も戦術勝負な軍団も、人生において今がダビスタへの時間浪費を許される時期という鬼生産体制な方もそんな時期はとっくに過ぎてしまった元凶悪馬主の方も、全ての方々がそれぞれに楽しめ、参加できるBCであればと思っています。もっとも、実践上は今回の10軍団が許容能力限界な感じもしているのですが…。

それでは次開催の日までしばしのお別れを。

| 21:05 | - | - |
| - | pookmark |

スポンサーサイト
| 21:05 | - | - |
| - | pookmark |



qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Profile
New Entries
Archives
Category
Recommend
Link